Katakori

新信陽:肩こりを理解

する長い一日の仕事の後、机の前に10時間まっすぐ座ったり、力を入れすぎたりして体が痛くなる人もいます。これらの要因やその他の要因により、肩こり、「癒着性関節包炎」とも呼ばれる状態が引き起こされる可能性があります。こうなると、肩を上げるのが難しく、腕を動かすだけでも苦痛を感じるようになります。

これをさらに理解するために、人の肩は次の4つの部分で構成されています。 

  1. 上腕骨上腕の骨の上にあるボール
  2. -肩甲骨肩甲骨
  3. -関節窩-肩甲骨にあるソケット
  4. カプセル-包む組織のシート関節の周り。また、肩が動くときに上腕骨の頭と関節窩が一緒になるのを助けます。 

肩こりは、カプセルが厚くなり、同時に収縮し始めるときに発生します。肩や腕が動き始めると、これらの4つの部分が連携して筋肉を収縮させます。これは、腫れ、刺激、倦怠感、または瘢痕形成のいずれかの影響である可能性があります。簡単に言えば、誰もが特に老化したり、長期間同じ位置にとどまったり、筋肉を酷使したりすると、肩こりを経験する可能性があります。それは夜に間違った位置で寝ることによってさえ引き起こされる可能性があります。 

と呼ばれる日本では健康とウェルネスセンターは、 Shinshinyoyo 中目黒整体治療を専門としています。これは、緊張した筋肉をマッサージし、骨格領域を整え、痛みを伴う関節を落ち着かせることを目的とした一種の医学的アプローチです。子供から大人まで、誰もがこの治療を歓迎します。これは、多くの体の痛みのある患者を助けることが証明されています。 新信陽代 では、施設に行けない方への往診も行っています。 

肩こりを改善するためのストレッチ

治療の観点から、ほとんどの場合、肩こりは1〜2日後に自然に治癒しますが、処方薬を服用したり、ストレッチ運動を行って肩こりや痛みを和らげることで、プロセスをスピードアップできます。肩がこわばっているときに試すのに適したストレッチは次のとおりです。

  1.  肩を上げる
    -立った状態で、腕を横に平らに保ち、肩を天井に向かって持ち上げ始めます。数秒間その位置を保持し、数回繰り返します。
  2. 肩の
    回転-背中をまっすぐにし、円形の形で肩を後ろに回転させ始めます。何度か繰り返した後、肩を反対方向に転がして繰り返します。
  3. クロスアームストレッチ
    -立ちながら、背骨の姿勢を適切に保ち、左腕を曲げて右肩に向かって伸ばします。この位置を数秒間維持し、反対側でも同じようにします。
  4. スタンディングアームスイング
    -立ち上がって、両手を天井に向かってできるだけ高く持ち上げます。それらを持ち上げて、数回降ろします。
  5. スタンディングアームリフト
    -アームスイングと同様に、アームリフトでは、腕を前に伸ばして拳を上げる必要があります。もう一度天井に向かって手を伸ばします。このプロセスを数回繰り返します。